原因から対策まで、高校生の不登校について解説するサイトです。

対人恐怖症・緊張症が原因の不登校

ここでは、対人恐怖症・緊張症により不登校になるケースとその解決方法について解説します。

「対人恐怖症・緊張症」とは?

※個人的に調べた内容ですのであくまで参考程度に留めてください。 病気に関する詳細は必ず医師に確認してください。

緊張症・対人恐怖症とは、人と接すること自体が苦痛だったり、緊張したりすることを指しています。実は、「恥」の文化をもつ日本人特有の症状だといわれています。

【対人恐怖症・緊張症の人の症状】

  • 人前で緊張してしまい、話そうとすると声が上ずってしまう
  • 人前で緊張してしまい、他人の目線が気になったりする
  • 人の目が気になって変な自分を作ってしまったりする

そうなると人と接することは苦痛になってきます。家にいれば「いい事はないけれど、苦痛もない!」そして・・・学校を休みがちになり、不登校になってしまうというのもうなずけます。

対人恐怖症・緊張症の人へのアドバイス

対人恐怖症を克服するには?友達に話そうとして声が上ずったり、変な行動を起こしてしまったりして、友達にそれをからかわれるとますます緊張して、話すことが怖くなります。

ですから、まずは先生や親など話ができる人に話して聞いてもらうことが大切なのだそうです。

どんなにたどたどしくても、焦っておかしな行動をとっても、優しく見守って最後まできちんと聞いてあげてください。聞き役に徹してくれる人がいれば、安心して話せるようになり、話すことに自信がついてくるということもあり得ます。

人と話すこと、コミュニケーションを取ることが「苦手」という意識を取り払ってあげることが大事なのです。

でも、中には家族なら話せるけど、他人は怖くて話せないという場合もあるのではないでしょうか。そうした場合は、理解のある第三者に聞き役になってもらうのも有効かもしれません。

専門家に相談を

実は、対人恐怖症・緊張症の人はカウンセラーと話すことに対しての拒否反応があまりなく、自分の心境を素直に話すことが多いそうです。

しかし、これを、自分には心を開いてくれていると思い、常に気にかけてあげるようになるとよくありません。そうなると本人の緊張が高まってしまうのです。本人が、「自分のことを気にしてくれている」と意識することで緊張してしまうといいます。

素直に話してくれるからといって必ずしも解決に結びつくわけではありません。それが対人恐怖症・緊張症の難しさです。専門知識をもった方に相談するのが一番です。

高校生の不登校を原因別に対応方法や対策を紹介しているサイト

コンテンツ一覧

対人恐怖症・緊張症が原因の不登校
対人恐怖症・緊張症により不登校になるケースとその解決方法について解説します。
子供のうつが原因の不登校
ここでは、うつにより不登校になるケースとその解決方法について解説します。
 
自閉症が原因の不登校
ここでは、自閉症により不登校になるケースとその解決方法について解説します。
 
 
HOME » 高校生が重度の不登校に陥る原因 » 対人恐怖症・緊張症が原因の不登校
高校生の不登校~その原因と対策~